一部で根強い人気を誇っているクロスステッチ。

これから本格的にクロスステッチ刺繍を始めていきたい!と思っている人も多いのではないでしょうか?

自分の好きな図柄を、自分が好きなタイミングで刺繍として施せるようになったら、とても楽しいこと間違いなしですよね。

ただ、そうはいっても具体的にどこから始めればいいんだ???って思っている人も多いと思います。

私は周りにクロスステッチ刺繍のプロがいる環境で育ったので、何の問題もなく刺繍を身に付けることができましたが、普通はそうではないと思うんですよね。

多くの人の場合、クロスステッチを始めよう!と思ってもどこから初めて、何を学べばいいのか分からないと思うんです。

かといって、本屋さんなどでクロスステッチの教本のようなものを買ってきても、なかなか難しい。。。

それもそのはず。実際に手を動かしながら身に付けていく技術を書籍のなかで学んでもなかなか身に付けにくいのは当然です。

これは例えるならゴルフの教本を見ながらゴルフを練習しているような感じです。ゴルフだけではないですが、スポーツなんて実際にやり方を習うことよりも、実戦経験を積むことの方が大切ですよね。

クロスステッチにも全く同じようなことが言えます。クロスステッチも、最低限のやり方などを学んだら、あとは実践あるのみなんです。

そこで、初心者の人におすすめしたいのが、基本ステッチの反復練習です。

クロスステッチの名前にもなっているばってん状のクロスステッチはすべての基本。このばってんを組み合わせるだけでも、かなりのパターンの図柄を作ることができます。

例えば、線を太くするだけでも印象がかなり変わりますし、それを横につなぎわせていくだけでも鎖のようなデザインを作り上げることができます。

また、バックステッチや、ストレートステッチと呼ばれるものを練習するのも良いでしょう。

このほか、フラワー状のステッチを練習するのもおすすめです。

この4種類のパターンを練習するだけでも、かなり刺繍の技術は向上していくはずなので、ぜひ繰り返し実践してみてください!